タチウオ釣り(ルアー) | 釣具買取のリンカーン|シマノ・ダイワなど 釣具・釣り用品の高価買取はお任せください!

タチウオ釣り(ルアー)|釣具買取のリンカーン 釣具・釣り用品の高価買取は当店で!

店頭買取は、2015年12月20日をもって終了いたしました。
スタッフブログ

タチウオ釣り(ルアー)

タチウオ釣り(ルアー)


分類:スズキ目タチウオ科

分布:北海道以南の日本各地

特徴

タチウオは英語でサーベルフィッシュといわれており、サーベルや太刀(日本刀)に似ているためです。
細長く、ギラギラと光る銀白色の体をしており、この銀色はグアニン質の銀粉です。
タチウオの歯は鋭く、犬歯状の歯が上下にびっしりと並んでいます。イワシやマアジ、イカ類などを捕食するフィッシュイーターであるため、ルアーフィッシングの対象魚です。
水深30~200mの層を群れで遊泳しています。餌を求めて立ち泳ぎしていることもタチウオの名前の由来です。

種類

タチウオの仲間には、テンジクタチがいます。タチウオより南方系でより大型です。
背びれが黄味を帯びているため、キビレと呼ばれたりしています。主に沖縄や高知、九州などの沿岸に生息しています。

釣り方

ロッドは、シーバス用かライトジギング用の1.8~2.4mに、中型両軸リールか中型スピニングリールをセットし、ラインはPE1~2号を使用します。ショックリーダーは、フロロカーボン20lb(6号)を1~2mつけ、先端部に40~50lb(12~14号)を40㎝程度結びます。
ルアーは、メタルジグの80~120gを選び、その日によって当たりカラーが異なるので、数種類のカラーを準備しましょう。
釣り方は、ルアーを船下に沈め、フォーリング中にルアーが落ちなかったり、軽く感じたら合わせます。
活性が高いときは、一定のスピードでリトリーブするだけですが、活性が低いときはロッドの弾力を利用してルアーにアクションをつけます。バイトレンジを集中的に攻めるのがコツです。
アタリは、コツンと小さかったり、いきなりガツンときたりと千差万別です。ロッドを鋭くシャクってフッキングさせ、一定のスピードで巻き寄せ一気に抜き上げます。

ロッド買取・リール買取などの釣具買取のご用命は、
釣具買取専門店リンカーン まで。
営業時間:午前10時~午後7時
0120-939-329
大阪府大阪市北区豊崎4-10-4 ラリッシュ北梅田1F